korenannan’s blog

関東地方某県に住んでいます。日々思ったことを書きます。時々放ったらかしにして期間が空くことがあります

夢の中でも誰かに頼る必要。自分は変わってきた

 小雨。それでも歩くのは楽しい。

 

 

 

   夢を見た

 晴れ。昼間。丘を上っている。丘の上には大きな建物。新しい病院らしい。

 

 知り合いなのか男性と一緒。

 

 病院に着く。せっかくなので検診をやってもらうことにする。

 

 男性の知り合いの女性スタッフが来る。あれこれ用意しなければいけないものがある。

 

 ホールには机がたくさんありスタッフが忙しそうに働いている。

 

 免許証のコピーがいる、と別のスタッフに言われる。自分でやる。コピー機を探すがない。

 

 スタッフの机の横に卓上コピー機がある。使っていいと言われたので使う。

 

 機械のそばに小銭が大量に置いてある。自分のと混ざらないように注意する。

 

 コピーが終わりさっきの女性スタッフを探すが見当たらない。いつの間にか日が暮れている。(終わり)

 

 

 

   思ったこと

 目が覚める。病院の夢は珍しい。

 

 コピーもスタッフにお願いすればよかったかも。自分で何でもやろうとしすぎか。

 

 そういう環境で育ったんだよ、と何故か逆ギレする。("逆"ってなんだろ)

 

 何でも自分でやらなければいけない。それどころかまわりの面倒も見ないといけない。

 

 何でも自分でやってしまうと孤立するらしい。経験則。

 

 でもそういう厄介な性格でもある。自分で確かめないと気が済まない。

 

 だとしたら、尚更どこまで頼るかをはっきりさせないといけないのかも。

 

 

 

 買い出しに行く、洗剤の詰め替え用を探す。製品の規格が変わってしまい、元のボトルのデザインから変わっている。買い直さないと。エコとは?

 

 

 コーヒーを飲みながら思う。ここ数年でずいぶん考え方が変わった。誰かに頼ることを考えるようになるなんて。

 

 いいことだよな。人間の限界がわかってきた。

 

 さて帰ろう。

 

 

したくない考え方が少しわかった。自分の型? 

 気温が乱高下。天気予報。自分の部屋。体感温度。バラバラだ。

 

 情報いらないのでは。その場で対処する以上のことはいらない?

 

 

   夢を見た

 学校。教室。たぶん始業式。新しい?環境。

 

 違和感しかない。男子生徒とボードゲームをする。まったくわからない。ルールも、何故こんなことをしているのかも。

 

 教室を出る。廊下でも生徒が活動している。部活動のようだ。

 

 突然自分にできるのは見ることだけだと悟る。参加することはできない。ここの人間ではないのだ。(終わり)

 

 

 

   思ったこと

 目が覚める。また変な夢だ。当たり前と言えば当たり前だが寄る辺がないのは悲しい。

 

 季節の変わり目なのか夢を大量に見る。

 

 

 考える。本を読む限り、海外の一神教の文化で育った人たちは独特だ。もっともそれはこちら側から見ればの話だけど。

 

 その文化の中で素朴に育った人たちは、アウシュビッツなどの深刻なトラブルにみまわれるとどうなるか。

 

 「何故私は悪いこともしていないのにこんな目に遭うのか。神は何故こんな目に遭わせるのか」

 

 そう思うらしい。彼らにとって神は全能で善であるらしい。自分の善を疑わない"健全な"人は

 

 ・神は全能であるが、善ではない。(我々のことなど気にかけていない)

 

 あるいは

 

 ・神は善だが全能ではない。(我々を気にかけてくれているけれども、どうすることもできないこともある)

 

 

 一部の人間はそういう結論にいたるようだ。

 

 とっても面白いな。不幸な目に遭っている人を面白いというのも不謹慎だけど、異なる考え方を知るのは楽しい。

 

 

 何故こんなことを考えるのか。度々書いているけれど自分は宗教2世だ。そのせいだろう。

 

 

 自分のスタンスはどうなんだろう。一神教の文化にはいないしわからない。それっぽい宗教の中で育ったけれど。

 

 神とかはよくわからないけれど、この世界の秩序とコンタクトすることはできる。くらいの話か。

 

 オカルトじゃなくて日光浴とか散歩とか、その中で歌を詠むとか、そのくらいの話。理屈でなくて自分とこの世界くらいのこと。大きな理屈を言ったり、それを押しつけられると自分はかなり傷つく。

 

 それがわかった。わかったのかわからなくなったのか、成長したのか後退したのかよくわからないけれど。

 

 何だか放浪する坊主(西行山頭火)みたいなイメージだ。ちょっと切ないか。

 

 東洋の仙人とか松尾芭蕉という単語も浮かぶ。

 

 

 で、これは何なんだい? 何でこんなことを考えているのか。問題だらけの中から自分の型みたいなものを見つけた?

 

 やっぱりよくわからないな。でも少し成長?したのかも。成長というか問題の整理・成熟・洗練か?

 

 やっぱりよくわかんないな。とりとめのない不思議な文章。

問題は複雑だ。大人になってからでないとそのことにすら気づけない。

 寒い。これから気温が上がる予報。

 

 花粉も本格化するらしい。

 

 花粉は自然災害の一つと言っていいのではないか。

 

 

 

  

    夢を見た

 学校。教室にいる。夢の中ですら「はいはい、また学校ね」と思っている。

 

 卒業式らしい。式はやらないのだろか。

 

 教室内で並んで何かを受け取る。これが証書だろうか。

 

 自分も並ぶが無視される。他の人はこれから行く学校の資料を渡されているようだ。

 

 宣伝か太極拳教室のチラシも混ざっている。

 

 

 前の席の男子は「トレンディって何だ」と先生(女性)に言いながら資料を渡されている。本当に何だよ。ファッション系の専門学校だろうか。

 

 

 無視されたので仕方なく席に戻る。そのトレンディと言われた男子がこっちを見ながら「3700円くれたらやる」と言う。

 

 不満そうな表情だ。彼が私の資料を受け取ったのだろうか。くしゃくしゃの袋を持っている。

 

 袋のマークを見る。ゲッ、あの学校かよ。とうんざりする。以前通っていた高校だ。

 

 袋には"特別給付生"と印刷されてある。彼はそれが不満だったのだろうか。何か言いたげだ。

 

 「おじいちゃんだからね」と私は答える。(夢の中では私だけ現在の年齢のようだ)

 

 パンフなんていらない。3700円は大金だしどうでもいい。やや居心地が悪い。(終わり)

 

 

 

 

    思ったこと

 目が覚める。何だか嫌な夢だ。学生時代を思い出す。何も考えずに適当に学校に通い進路を決め、そこにも適当に通っていた。

 

 本当はそんなことはなく毎日必死だったのだ。宗教などのたくさんの家庭内の問題があって、そのせいか幻聴などの症状も出ていた。そんな中で通学していた。そっち方面で手一杯だったので学業の方には手が回らなかった。宗教の活動はやめて数年経っていたが恐怖は凄まじく、罪悪感や信じないせいでとてつもなく悪いことが起きるのではないかという思いはあった。それでも学業を疎かにしたという自覚はありそれが負い目になっている。

 

 今思うと当時は進路よりも安心・安全が欲しかった。物事には順序がある。

 

 

 問題は複雑なのだ。そのことがこの歳になってやっとわかった。常に手遅れといった感じだ。でも死ぬまでにはまとめ切りたいと思う。

 

 

 それでこんな夢を見たのだろうか。

 

 

  

また妙な夢を見る。血の通った生き方。

 だるい。花粉症のせいなのか。花粉症の薬のせいなのか。

 

 はたまた別の要因か。歳をとって身体が鈍くなったのか。

 

 

 

    夢を見た

 街の中にいる。集団で行動している。学校の行事らしい。

 

 バスに乗って帰る。隣の席の女子と喋る。隣の女子は寝てしまう。

 

 

 バスに乗っているうちに夜になる。バイク屋の前で降りるらしい。

 

 その近くになったので女子を起こす。

 

 バイク屋を過ぎたがさらに進む。

 

 

 狭い道に入る。十字路ごとに一方通行で侵入禁止の標識がある。

 

 そのことを運転手に言うが聞いてくれない。バカバカしくなる。

 

 よく見ると標識の下に但し書きがある。時間指定らしい。ただ正確な情報はわからないままだ。

 

 大きな広場で降りる。女子の荷物を下ろすのを手伝う。

 

 

 いつの間にか昼になっている。皆思い思いの行動をとっている。犬と遊ぶ生徒もいる。近所の人間なのだろうか。

 

 

 バスの運転手はボランティアのおじさんらしい。並んだほうがいいのでは、と言うので、何故か私が並ばせようとする。私はクラス委員なのか。

 

 誰もこっちの言うことなど聞かない。自分も正直どうでもいいと思っている。

 

 そのうち皆ブランコに乗り始める。ブランコが横一列に並んでいるのでこれに沿って並べばいいと思う。

 

 

 ボランティアのおじさんは不思議な話をする。葬式があまりに形式的になったので、そうでない血の通ったものをすると言う動きがあるらしい。

 

 ソープランドでお姉さんが浴槽に沈めるというやり方を始めたところがあるという。確かにこっちの方が血が通っているかもしれないな。(終わり)

 

 

 

 そのほかに校舎内を延々と彷徨う夢を見たが詳しくは思い出せない。

 

 

 

    思ったこと

 目が覚める。変な夢だ。死者の弔い。血の通ったつながり。

 

 そういえば夢で出てきた女子は昔のバイト先で亡くなった子にそっくりだった。

 

 具合が悪いのをおして出てきて、やっぱりダメで帰宅して、半年後くらいに社員から亡くなったと聞かされた。まだ20代前半だったはず。

 

 弔い・ケア・治療。面倒な作業として認識されている。病院はよほど具合が良くないと行けないとよく笑い話で言われる。

 

 自分も通院歴が長いけれど本当にこれでいいのだろうかと思うことが多々あった。ストレスフルだ。かえって悪化しているのではないかと思うことすらあった。

 

 

 医学部でなく文学部の領域?の問題なのだろうか。こんな生き方・やり方でいいのか、という話。

無視してきたこと・されてきたことの大きさに呆然とする。一息つく

 朝は寒いが日が高くなると急激に暖かくなる。季節は確実に進んでいる。

 

 

 またたくさん夢を見た。いつものように学校の夢。進学卒業できそうでいつまでもそのまま。一生学徒なのだろうか。

 

 ゾンビの夢も久しぶりに見る。相手はゾンビでなくタイラントにパワーアップ。ボスクラスだ。でもこちらはまるごしで対抗手段がない。

 

 疲れているのか。

 

 

 起きて買い出しに行く。バタバタしている。荷物を詰めるスペースがない店は苦手だ。向かいの店の店員が心配そうにこっちを見ていた。

 

 

 歩きながら思う。いつも書くが自分は宗教2世で安倍元総理の事件が起きてからこの問題をずっと考えている。

 

 情報収集のためにX(旧Twitter)のアカウントも作った。ブログとリンクはしない。不器用なのでそんなことしたら対処できそうもない。他者とコミュニケーションしながら考えるなんて器用なことできそうもない。

 

 そうしてSNSの世界に飛び込んでみたら"界隈"にたくさん人がいた。驚いた。それだけでない。親に虐待を受けてきた人。性的暴力の被害者。そういう人たちも大量にいて、それらはかなりの確率で重なっている。

 

 ニュースなどでそういうことがあるのは漠然と知っていたがこれほどとは。

 

 彼らは特別な事件というレベルでなく、むしろ当たり前のように存在している。それらがまったくアナウンスされていないことにも驚いた。

 

 これはどういうことだ。考えてみたら自分の問題もあの事件まではまったく無視され続けてきた。以前にも地下鉄サリンなど宗教関係のでかい問題は起きてたのにどういうことだ。自分ですらそれが当たり前になっていた。

 

 自分の問題をどうこうする以前にそのことに呆然としている。

 

 皆自分の生活で必死なのだ。

 

 

 喫茶店で一息つくことにする。上手に一息つかないと大変だ。それから帰る。